介護ベッドゲット

介護ベッドゲット

介護ベッドゲットホームへお問い合せはこちらからどうぞ

介護ベッドゲット

1日の疲れを癒して、眠るまでのわずかな時間を、自分らしく快適に過ごす。
睡眠は成人で1日8時間、1日の3分の1、80歳まで生きているとして、その世界にいる時間は233,600時間、なんとおよそ27年間にもなります。その時間をベッドで過ごすなら、ベッドもいまや第二のリビングといえます。そして介護が必要な方はさらに多くの時間をベッドで過ごしているでしょう。ですから、そういった時間の浪費から解放させる為には、少しでも質の良い介護ベッドを入手することが大切になってきます。電動リクライニングベッドは介護でもよく用いられるベッドです。寝たきりに人にとっては、介護ベッドはまさに命の次に大切なアイテムだと言えるでしょう。

ベッドは高齢のお年寄りや、ご自分で自由に動けない人たちにとって身近な介護用品のひとつであると思います。 足腰の力が低下された高齢者の方達にとって、立ったり座ったりの動作は大変で、また、介護を行う者にとっても、その負担は軽くありません。介護ベットは高さを調節出来る物が多く、 介護負担の軽減に役立つ事も多いでしょう。有料老人ホームで暮らすというのも1つの手だとは思いますが。また、身近にパルスオキシメーターが備えられていれば、毎日の健康管理も行えます。

そこで、お年寄りの体の状態や体格にあわせた介護ベッド選びは、とても大事ですし、大きなポイントとなります。 利用者にあった介護ベッドを選ぶことで、利用者もADL(日常生活動作)をよりよい方法で活用でき 自助自立も図ることができます。 また逆に 間違った介護ベッド選びをしてしまうと、たとえば自分で台などに手をついて立つことができるのに、介護ベッドのマットレスがやわらかくて立てない。とか介護ベッドが高すぎてベッドに座ろうとしても足に力が入らないなどのせいで、安定しない。ということにもなりかねません。 このサイトでは介護ベッドを選んでいただく時のかんたんなポイント等を紹介して行こうかと思っております。有料老人ホームなどの福祉施設では介護ベッドを導入している施設がほとんどです。自宅に介護ベッドを置きたいがスペースがなくて置けないとお悩みの方は有料老人ホームで介護を受けるのもいいでしょう。有料老人ホームでは介護ベッド以外にも自宅にはない介護の機能や用品がそろっています。入浴などのお世話を有料老人ホームで日帰りで行ってもらうケースも多いです。

介護ベッドの役割

@安静臥床(睡眠)のため、
Aおむつ交換や清拭など介護をしやすくする、
B起き上がる動作をしやすくする、
C腰掛けて起立する「イス」として使う、
D呼吸と嚥下を助けるため

自立している人が、寝る起きるという動作を快適にするための注目点。

寝やすいためには

起きあがりやすいためには

マットレス

ベッド幅と柵


通常介護ベッドの定義というのは、体の150cmほどの身長の小さな老人を介護してあげるためにあるものと思われていて、マットレスのサイズが191x85程度の非常に小さなものになってしまっています。これでは、身長165cmほどの人には窮屈なベッドになってしまって、寝心地も悪く、自力で起きあがる際に必要な側臥するための幅を確保するのも難しくなります。
寝心地のためには通常シングルまたはセミダブル程の幅がいいのですが、介護保険で非課税になるのは100cm以下なので、91cm幅の介護ベッドを選びたいものです。




また、通常はオプションとしてあるベッド柵はベッドのずれ落ちを防止する機能なので、特に固定もしていなく、人が手すり代わりに体重をかけるには非常に危険です。
そこで、ホームセンターで1000円ほどかけて自作するのが安全でいいかもしれません。
(ただし、レンタルベッドに手すりを取り付ける際には許可が必要になるかもしれません)
ベッド柵はレンタルだと月100円(定価1000円)ほどするので、経済的でもあります。

介護ベッドは病院内での使用からその歴史が始まったため、自宅での快適な介護にはそぐわない点も未だに数多くあります。時に地方では介護ベッド利用者の絶対数が少ないために、種類が少ない傾向にあります。そこで、利用者側からニーズを掘り起こして、選択肢が増えていけばより快適な暮らしに近づいていくのでは無いかとおもいます。

recommend

業界随一の毛髪補修能力を誇るトリートメント

原宿 美容院

フランクミュラー

アナタを笑顔にする為に20年近く営業している実力派サロン

千歳鳥山 ヘアサロン

最高の胡蝶蘭(コチョウラン)

トイレマット ロング